ライナーノーツ 山内 of maruyama-yoshihisa.com

  • ファルセット・ヴォーカリスト;丸山嘉久
  • ファルセット、裏声で歌う、と言うと、ざっと想い浮かべただけでも、カントリー・ミュージックの草分け、ロイ・ロジャース、カントリー・ミュージックのスーパー・スター、ハンク・ウィリアムス、オンリー・ユー等の大ヒットで知られているコーラス・グループ、プラターズ、そして、丸山自身がファルセット・ヴォーカルをはじめる切っ掛けとなり、インスパイアされたグループビーチ・ボーイズ等々、限りなくあるが、やはりファルセットと言えば、ハワイアン・ミュージックが代表格と言えるだろう。 丸山もハワイアン・ファルセットは好きでたまらない一人である。                                    
  • 彼との出会いも、ハワイアン・ファルセットの勉強の為、ハワイ滞在中の時だった。
  • 帰国後はハワイアン歌手としての活動に入り、今回のアルバムは彼にとっての通算3枚目のアルバムとなる。                                            
  •  録音は彼の自宅のスタジオでの完全タクロク(自宅録音)である。今回も彼の並々ならぬハワイ音楽への情熱が注ぎ込まれた一枚となっている。ハワイ音楽の良さであるシンプルさにポイントを置き、楽曲の良さを損なうことなく、彼自身がクリエイティヴしたベイ・サイド・サウンドを盛り込んだアレンジを加えた心地良いサウンドに仕上がっている。勿論、丸山のファルセットも一段と独特な輝きを増している。 今回は極力「ウチコミ」を使わず、トラック・ダウン、マスタリング、そして、ハワイ音楽にパワーを「打ち込ん」でいった。                                                          
  •  アルバム・タイトルの丸山内精肉店は、ほんの軽いジョーダンからはじまったもので、特に大意があるわけではないが、町のお肉屋の揚げ立てのコロッケは最高に旨い!! 
  • 強いて言えば、町のお肉屋さんのコロッケのように、飾らず、いつまでも愛され続けてゆく音楽作りをしていきたい、と言う願いが込められているかも知れない。                                  
  • 丸山内精肉店とあるのは、あくまでもハワイアン・ミュージシャン、丸山嘉久のサポート役として、私も参加しているものである。       
  • 今まで、彼が愛聴してきた、数々のジャンルの音楽のエッセンスをどんどん取り入れた新しいスタイルのハワイアン・ミュージックをこれから先もクリエイティヴし続けてゆくことだろうし、私も美味しいすきやきやステーキ、コロッケが食べたくなったら、また、きっとこの丸山内精肉店に買いに行くだろう。
  •        
  • しかし、江ノ島の焼きはまぐりも美味しかったなぁ〜。               
  • 7・20.’08 山内雄喜